今回は巷に数多く出回っているサプリメントの中から、信用できるサプリメントの見抜き方をご紹介しようと思います。

まず間違いがないのは「特定保健用食品」いわゆる「トクホ」と呼ばれているものと2015年4月から始まった「機能性表示食品制度」に則った「機能性表示食品」です。

「特定保健用食品」と「機能性表示食品」の違いを一言で言うと「審査」があるかないかです。「特定保健用食品」は厚生労働省による細かい審査があり、審査を通らないと「特定保健用食品」として販売できません。「機能性表示食品」は決められた書類を消費者庁に提出しますが、審査はありません。書類のチェックはありますが、審査はなく、企業の責任で製品の機能性を標榜することができます。このようなそれなりの労力が必要で、責任も伴いますので、いい加減な製品は販売できません。よって「特定保健用食品」と「機能性表示食品」は品質が高く、安心して購入できる製品になります。
「機能性表示食品」に関しましては本日時点で900品が登録されています。消費者庁の受理が追い付いていませんが、提出された品目数は1600品目を超えたそうで、書類の確認待ちだそうです。多分、消費者庁の人員不足ですね。「機能性表示食品」につきましてはまた別の機会で詳しく述べてみたいと思います。

 

少し話がそれてしまいましたが、ではこれら「特定保健用食品」と「機能性表示食品」以外の普通のサプリメントはどうなのでしょうか?残念ながら「特定保健用食品」と「機能性表示食品」以外のサプリメントは消費者をだますようなトラップがたくさんあります。どんなトラップがあるかを順番に書いていこうと思います。

 

①.数字を大きくして成分の量を多く見せる。

商品名は消してありますが、下記にある製品の成分表を載せました。一見するといろんな成分がたっぷり入っていそうですが…

栄養成分表示かアミノ酸含有量の項目を見てください。1日2粒飲む設計なのに、「1袋:62粒当たり」とし、各成分の数値を多く見せています。1粒に換算するとごく微量しか入ってないものもあります。次に黄色で囲った箇所を見てください。商品名で「○○コラーゲンサプリメント」としておきながら、「コラーゲンは1袋当たり約8308mg、1粒当たり約134mg入っております(パッケージには記載しておりません)」とあり、パッケージには記載してないんです!コラーゲンサプリメントなら1日の摂取で数千mg摂れるものが多い中、コラーゲンサプリメントとしてはかなり見劣りします。

 

②.多くの種類の成分を表示し、たくさん配合されているように見せる。

ある有名なグルコサミンのサプリメントを一例に上げました。

「たっぷり7種類の栄養素材を配合」とあり、確かに種類は多いですが、各成分がたっぷりではありません!

グルコサミンの一般的に推奨される摂取量は1500mgであり、やや少なめです。「サメの軟骨」の項目をよく見ると(コンドロイチン20%含有)とあります。ということは300mgのうちの20%がコンドロイチンなので300mg×20%=60mgになります。これも①の所で書いた成分の量を多く見せるトリックの一つです。コンドロイチンは一般的に1200mgが推奨されてますので、全然足りませんね。その他の成分も推奨量には全然足りません。鶏軟骨抽出物も同じように()で(Ⅱ型コラーゲン含有)とあります。鶏軟骨抽出物に関してはⅡ型コラーゲンが何%かすら書いてませんね。ただこの製品に関しては①の製品と違って「※表示成分量は、1日目安分8粒中に含まれる成分量です。」とちゃんと1日分の量で表示してあります。すべての成分を推奨量配合するのは難しいですが、種類の多さに惑わされるのではなく、各成分が何mg配合されているかを確認することが重要です。

 

③.単位に注意!

この項目はすごくシンプルです。通常、成分は「mg」(ミリグラム)で表示されていますが、中には「μg」(マイクログラム)で表示されている成分もあります。1mg=1000μgになります。下記の例を見てください。

プロテオグリカンが5000μg、セラミドが600μgとなっています。5000μg=5mg、600μg=0.6mgになるので極めて微量です。このように単位を一つ落として「0」を増やして配合量を多く見せるトリックです。プロテオグリカン5mgでは効果は薄いと思われます。セラミドは0.6mgでもやや効果があるかもしれません。コラーゲン5000mgはいい量だと思います。コラーゲンの推奨目安量は5000mgだと言われています。①のコラーゲンサプリメントとは雲泥の差ですね。

 

以上、いかがでしたでしょうか?商品パッケージの表面のうまい謳い文句に騙されてしまいそうですが、裏面の表示を確認することがすごく大事です。裏面の見方のほんの一例をあげましたが、今後はもっとつっこんだ記事も書いていくことを考えております。今回はこのあたりで。質問や読み解いてほしい商品がありましたら、ご連絡いただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)


にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ