皆さん日常生活の中でスマホやパソコンを見ない日はないんじゃないでしょうか?スマホやパソコンの画面からは有害なブルーライトという光が出ているらしく、日々目は酷使されています。私もスマホやパソコンはなかり使いますので、目の疲れが気になる時があります。そんなときの為に目に栄養を与えるべく、今回ご紹介する「クロセチンアイ」を試してみようと思います。


 

【クロセチンってなあに?】
目の健康を気にしたことがある方なら「ブルーベリー」や「ビルベリー」や「ルテイン」などの成分は耳にしたことがあるかと思います。今回ご紹介する「クロセチンアイ」にもこれらの成分は入っていますが、主役は「クロセチン」という成分です。”クロ”とつくので、黒い原料かと思ってしまいますが、赤黄色のとっても濃い原料です。私もクロセチンの粉末原料を使用したことがありますが、とっても濃いので少し舞ってしまうと、色移りが激しくえらいことになりました(笑)。

クロセチンはとても吸収が早く、他の眼にいい成分より早く体感が期待できます。クロセチンにはほかにも睡眠の改善効果や、美白効果も確認されているようです。

「クロセチンアイ」の販売者の理研ビタミンはクロセチンに関して国内トップメーカーであり、とても信頼できる商品です。

 

【「クロセチンアイ」は機能性表示食品です】

「クロセチンアイ」は機能性表示食品として販売されており、機能性として「本品にはクロセチンが含まれます。クロセチンは、パソコン作業などによる目の疲れから生じるピント調節機能の低下を緩和し、目の調子を整えることが報告されています。」を表記しています。機能性表示食品として販売するには確かな科学的根拠と莫大な労力が必要になっています。これらのハードルをクリアした商品ですので、安心して購入することができます。理研ビタミンが46年もの歳月をかけて完成させたサプリメントです。目の疲れが気になっている方のみでなく、目を大事にしたいという方にもぴったりです。

 

【パッケージは?】

理研ビタミンの「クロセチンアイ」。現代人の“見る”悩みを強力サポート

 

【形状は?】

赤茶色のソフトカプセルです。小さめで飲みやすいです。1日3粒が目安です。

 

【成分は?】

メインのクロセチンは1日で7.5mg摂取できる設計です。7.5mgで目の毛様体筋の緊張緩和が促進され、眼の疲労回復が促進されたり、網膜機能の低下が抑えられることが確認されています。その他、目にいい成分の「ルテイン」「ビルベリー」「カシス」「β-カロテン」「DHA」が配合されており、複合的に目にアプローチする設計になっています。その他、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12も配合されています。

 

【効果はいかに?】

目にアプローチするサプリは目の疲れを感じてから飲むのではなく、疲れを感じる前に飲んでおくのがいい摂り方だと思っています。夕方頃になると目の疲れを感じることが多いと思いますのでお昼頃に飲めば、夕方頃にクロセチンが頑張ってくれるタイミングと合うと思います。昼に飲むのを忘れても、下の写真のように「クロセチンアイ」は早く溶ける設計にしてありますので、安心です。しかもクロセチンは体感が出るのが早い成分なので、早くおさらばしたい目の疲れには相性のいい成分です。

私は会社でも家でもパソコンを使うことが多く、暇さえあればスマホをいじってしまうので、かなり目を酷使しています。視力もかなり悪く、メガネやコンタクトなしでは生きていけないレベルです。そんな私が10日トライアルパックを購入し、夕方の目の疲れを抑えるべく、昼食後に摂取して評価してみました。目の疲れを意識して感じるようにしていました。摂取開始3日頃から、強くまばたきをしたくなるような疲れがでにくくなったような気がしています。

 

【まとめ】

クロセチンをメインで配合した商品はまだ少ないと思われます。クロセチンのトップメーカーである理研ビタミンが開発した商品であり、科学的根拠も多くあります。なんといっても機能性表示食品なので、確かな品質と機能性です。まずは10日間のお試しで効果を実感してはいかがでしょうか?

公式ページはこちら→クロセチンアイ今だけ10日間トライアル!


にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ